• ホーム
  • 「食べない」ダイエットは本当に危険!その理由を教えます

「食べない」ダイエットは本当に危険!その理由を教えます

ドーナツを食べる女性

食べないダイエットは本当に危険であり、せっかく体重が落ちても基礎代謝が低くなるので、リバウンドをしやすいです。
生活の中で消費をするエネルギーが基礎代謝であり、運動をしなくてもエネルギー消費がされますが、基礎代謝が低くなると太りやすくなります。
これまでと同じように食べていても、体内代謝が下がるのでエネルギーは脂肪に変わりやすく、リバウンドしやすい身体になるばかりです。
脂肪を溜め込む身体になると、ダイエットをしてもなかなか体重は減りませんし、少し食べただけでも太ります。

早く痩せたい気持ちが先立つと食べない方法を選びますが、極端に食事を減らすと人間の体は危機感を感じて、基礎代謝量を低下させるので、結果的にリバウンドしやすい身体にシフトするばかりです。
免疫力の低下につながるリスクとも隣り合わせであり、見えないだけに無頓着になりがちですが、免疫が下がると体調にも良いことはありません。
自己防衛システムですから免疫力の低下をすると、些細なことで風邪をひいたり体調を崩したりしやすくなります。
体温がほんの1度下がるだけでも、免疫力は30%も低下をしますし、身体を外敵から守る機能も下がるばかりです。
病気にもなりやすいリスクがありますし、完治には時間がかり回復しにくいなど、免疫力を下げることにメリットはありません

筋肉量の低下もリスクのひとつであり、正しいダイエットをしないと肝心の脂肪ではなく、大切な筋肉を減らしてしまいます。
健康的な痩せ方ではなく病的な痩せ家たちにありがちですし、筋肉量の低下は疲れやすくなったり、基礎代謝を下げる要因にもなるので要注意です。
適度な筋肉がないことには、脂肪はなかなか燃焼されて消えてはくれません。

たんぱく質を一切食べない食事制限などをすると、筋肉を作る減量が入ってこないので、体内ではたんぱく質不足になります。
筋肉量が低下する大きな引き金となり、カロリーを燃焼してくれる筋肉が減ることで、リバウンドをしやすいです。
極端に食べないことで栄養失調の危険に陥ることもあり、体重が減っても健康がすぐれません。

栄養失調に陥ると力も出なくなって、頭もボーッとしたりやる気がなくなったり、生理不順にもなりやすいです。
生理不順は女性にとって深刻であり、将来赤ちゃんを産むためにも、生理は順調に来る必要があります。

意外なところでは体臭がきつくなるケースもありますが、自分では気が付かないかもしれません。
食べない誤ったダイエットをすると基礎代謝が低下をして、不完全燃焼での副産物として体臭は発生をします。