• ホーム
  • ダイエットに最適な食材をご紹介!栄養バランスを考えて食べよう

ダイエットに最適な食材をご紹介!栄養バランスを考えて食べよう

美味しく食べながら健康的に痩せるためにも、ダイエットに最適な食材を取り入れて、栄養バランスを考えて食べることです。
単に食べないダイエットは必要な栄養が不足するので、身体は本物の栄養を求めて、その栄養が入ってくるまで食べてしまいます。

ですが栄養バランスの良い食事を心掛けると、健康に必要な栄養が十分補給されるので、これまでのように食べ過ぎることにはなりません。
食事を用意するときに食材を意識することであり、ダイエットに最適なこんにゃくも定期的に献立に入れるようにします。

こんにゃくは90%以上が水分であり、しっかり食べても摂取カロリーはとても低いです。
水溶性食物繊維のグルコマンナンを含むのも特徴であり、腸壁を刺激するので排便を良くします。
腸の善玉菌を増やすためにも良いですし、糖分やコレステロールの吸収を抑制するなど大活躍です。

夏野菜のきゅうりはほとんどが水分であり、カロリーが低くてシャキシャキした食感があるので、ダイエットにも向いています。
淡色野菜のきゅうりではありますが、表皮の緑色のところにはβカロテンが含まれていますし、利尿作用のあるナトリウムも含有するので、むくみ解消にもなる野菜です。

低カロリーでありながらお腹に満足の決定版ともいえるきのこ類も、お腹を満たしながら取り組むダイエットの食事に向いています。
いくつもの種類があるきのこ類ですが、種類により栄養成分は異なるものの、どれもカロリーは低いです。
ナトリウムを体外へ排出をするカリウムやビタミンB群も豊富、ビタミンDの多いので、骨粗しょう症予防にもなります。

リコピンで有名なトマトはみずみずしくて適度に甘みがあり、そのまま食べられる手軽なダイエットに適した野菜です。
食物繊維も多いのでトマトを食べれば、調整作用によりバン通も良くなります。
程よい酸味がトマトにはありますが、これにより血糖値が急上昇をすることなく、穏やかにするため、食事をしても脂肪が付きにくいです。

ダイエットの時には質の良いたんぱく質も必要であり、ささみはまさにそれに応えることのできる食材です。
低カロリーでありながら食べ応えもあるため、ささみでたんぱく質を摂取するようにします。

低カロリーで低価格の代表はもやしであり、水分が多くて食感もあるので、咀嚼回数が増えてダイエットにもピッタリです。
お腹いっぱい食べたいときも、もやしなら心配がありません。

白米よりも玄米を選びたいのは、栄養がそぎ落とされていないためです。
食べ応えもある玄米は栄養価が高くて、食持ち繊維も豊富なので、完全栄養食とも言われています。

豆腐も低カロリーであり、どんな食事とも組み合わせやすいです。
大豆由来の良質なたんぱく質を含むのが豆腐であり、代謝をよくするためにも活躍をしてくれます。